電話占いで占い師をするメリットは収入面(実力者限定)と働きやすさがあります。

MENU

電話占いで占い師をすることのメリット

電話占いで占い師をすることのメリットは、自宅からストレスなく自分のペースで働くことができ、鑑定者の対象が全国に広げられることです。
多くの電話占いサイトは完全歩合制の報酬になっているので人気が出ないと稼げませんが、売れっ子電話占い師になれば30分や1時間のセット料金で鑑定する店舗勤務よりも高収入を得ることが可能です。

 

 

電話占い師の2種類のパターン

電話占い師は次の2種類のパターンがあります。

 

  • 実力があり店舗勤務より電話占い師として働いた方が儲かる
  • お金よりも趣味の延長線上で電話占い師をしている

 

電話占いは完全歩合制の仕事が多く、レビュー評価やリピーター獲得率などの評判によって収入格差が大きい業界です。
実力がある占い師は店舗勤務よりも全国から集客できる電話占いで働いた方が稼げる思惑を持っています。

 

電話占い師をする主婦

鑑定をしないとお金が入ってこない職業ですが、一部では主婦などが趣味の延長で始めるケースが多いです。
ほかにも拘束時間に対して低収入でもいいので、通勤などの負担なしで自分のペースで働きたいという気持ちを持っている方がたくさんいます。

 

また、一部では店舗型勤務より電話占いの方が収入は少なくなるけど、職場の人間関係や通勤不要の楽な環境を重視している方や、店舗勤務しながら夜間や休日に副業で電話占いをしている方もいます。

 

つまり、電話占いで占い師をするメリットは収入面(実力者限定)働きやすさの2種類のメリットがあります。
電話占いのデメリットは最低賃金が保証されていないことです。占い師としての経験が浅く、本業として占い師の仕事をしたい場合は、まずは店舗で働きながらキャリアを積んでいくとよいでしょう。

 

 

鑑定できる時間が長い

店舗勤務の場合は日中の仕事が中心で、従業員として働く場合は労働基準法の観点から長時間労働を認めてくれない勤務先が多いです。
電話占いは夕方から深夜がコアタイムなので、子育て中の主婦でも子供が寝てから夜間だけ仕事をするなど時間の融通が利きます。
収入は鑑定時間に連動した歩合給になりますが、一日に働く時間を全て裁量で決められます

 

待機時間が長いと拘束時間に対しての単価は低くなりますが、自宅で1人で活動する場合は待機中にスマホやテレビ、動画配信サービス、読書などで時間を潰せます。
勤務時間や働き方にメリットを感じられるかが電話占いの仕事をするポイントです。

 

 

個人事業主は税制面が有利?

電話占いは基本的に個人事業主で運営サイトからの外注として仕事を請け負う形になります。
青色申告は給与所得に比べて控除枠が少ないですが、通信費や家賃、セミナー、書籍代などを経費にできるため、上手に税申告すれば従業員として勤務するより税制面が有利です。

 

自宅から仕事をする場合、家賃・光熱費・通信費を100%経費にすることはできませんが、景気が良い時は仕事道具の口実でスマホ、パソコンなどを新調することができます。