霊感がなくても話術と占いの基礎知識が高ければ、電話占いとして成功することも可能です。

MENU

特別な能力(霊感など)が無くても大丈夫?

電話占いには幅広い占術があり、大きく分けると霊能力など占い師の特別な能力を活かしたタイプと、タロットや四柱推命など知識のみで可能な占術があります。
対面ではなく電話で幅広い内容の鑑定を行う電話占いでは、霊感など特別な能力を持っていた方が圧倒的に有利ですが、特別な能力がない方でも電話占いで成功することが可能です。

 

特別な能力(霊感など)が無いけど電話占いの仕事に興味を持っている方に向けた鑑定方法成功するポイントをまとめました。

 

 

話力で補えるかがポイント

話術に長けた占い師

電話占いでもっとも重要なのは話力と言われています。
一例として、電話占いで多い相談内容の浮気(不倫)調査の場合、電話越しに名前や生年月日、現在いる場所など簡易的な情報から100%確実な浮気の有無を見極められる占い師は全体のごく一部です。
大半の占い師は、100%断言できないけど鑑定を通じて確率が高い結果などを伝え、鑑定者に納得してもらっています。

 

また、一部では浮気の決定的な証拠を掴んでいるのに、現実を受け入れたくなくて電話占いを利用していたり、疑う余地がないのに安心できる言葉をかけてもらいたい目的で相談している方もいます。
このように、浮気相談ひとつ取っても鑑定者が求めている答えや状況・価値観が違うので、話を通じて本音や重要な情報をしっかり聞き出せるかが重要です。

 

特別な能力がない場合、気持ちや状況の核心に迫る情報を聞き出し、なおかつ曖昧な部分があっても納得してもらえる伝え方ができれば電話占い師として人気を集めることができます。
ただし、話力で特別な能力を持っていないハンデを補うのは簡単なことではありません
営業・販売やカウンセリング・セミナー開催などを行う講師やコンサル会社勤務経験者などが特別な能力なしで電話占い師に転身するケースが多いです。

 

霊感だけでは厳しい

霊感だけあっても電話占いは成立しないことがあります。人一倍霊感が強くて電話で話しをするだけで全てが見えるなら話は別ですが、そこまでの霊感を持っている人は非常に少なく、霊感だけで占いをできる能力は訓練で身に付けられる領域ではありません

 

そこで、多くの占い師は霊感タロットやスピリチュアル、四柱推命など通常の占術と霊感を組み合わせることで鑑定の精度を上げています
占い師の実力や評価は「特別な能力・話力・占いの基礎知識」による3つの総合力で決まります。霊感がなくても話力と占いの基礎知識が高ければ電話占いでも十分やっていける一方で、多少の霊感がある程度では電話占い師の仕事は務まりません。

 

 

特別な能力は身に付けることが可能

霊能力やスピリチュアル系の特別な能力は訓練して身に付けることが可能です。努力すれば必ず習得できるものではありませんが、誰しもが潜在能力で持っているものです。

 

まずはスプーン曲げなど潜在能力を開花させる簡単なことから始めてみてください。
特別な能力を身に付ければ電話占いの仕事で役立てるほか、自分や身内の人生をより豊かに変えられる可能性があります。
電話占い師に転身するよりも先に能力を身に付けることを優先させるとよいでしょう。毎日寝る前など空いた時間にちょっとした訓練を継続することが大切です。